スポンサードリンク
スポンサードリンク

薬剤師の平均年収と給料の相場

薬剤師の平均給料額や年収を厚生労働省が調査したところ、薬剤師の平均年収は、約512万円、給料の平均月収は約36万円という結果がでています。この結果から見ると、薬剤師の給料は一般中小企業よりもはるかに多く、安定した給料を貰えていることになるのですが、実際はなかなかそう上手くは運んでいないようです。例えば、ドラッグストアに就職して給料をもらっている場合、ドラックストアを経営している企業は民間企業です。薬剤師に給料を支払うためには、店舗の売り上げと利益が出ることが必要なのです。薬剤師の給料は高額なわけですから、それなりの利益を上げることができなければ、高額な給料を支払うことができなくなってしまいます。それに加えて、日本の医療制度で、国内の医療機関では、6歳以下の乳幼児と高齢者に、容器代を除いた薬品料金を徴収しない制度が導入されています。ドラッグストアの利用率の低下が招いた悪循環が、薬剤師の給料を下げ、果ては担い手がいなくなる現状ができてしまっているのです。

スポンサードリンク

薬剤師の求人や転職

薬剤師の求人や転職情報は、ハローワーク、求人情報誌などに多数掲載され、どこの地域に行っても見かけないことがないくらいです。活躍の場がとても広いのですが、薬剤師になるためには、薬剤師専門の大学を卒業しなければいけません。また、大学へ通う期間は6年間です。薬剤師が扱う薬は、一歩間違うと人間の命を脅かす危険性もあります。正しい知識を身につけ、訓練を行う分、入学金から授業料など、卒業までの経費がかかるのです。それを考えると、薬剤師の給料が高額であることもうなずけますし、民間人が扱えない薬を扱う職業として特殊なため、求人や転職情報にはことかかないのです。

薬剤師の就職先と現状

薬剤師の仕事の場はたくさんあります。病院を筆頭にドラッグストア、調剤薬局、製薬会社、卸売業など様々です。基本的に薬を扱う場所には、必ず薬剤師を配置するよう法律で義務づけられているのです。しかし、民間企業が経営しているドラッグストアなどでは、労働条件や給料の折り合いがつかないなど、法律が守られておらず、薬剤師が不在という状況が起こっていたため、近年より厳しい行政指導が行われるようになりました。そして、厳しい行政指導の影響で、薬科大学などの店員割れなどが相次ぎ、薬剤師の数は不足している現状があります。しかし、薬剤師がいなければ営業認可が下りないため、薬剤師不足に悩んでいるところでは、給料や手当てを優遇し、人材の獲得に必死になっています。

薬剤師 給料