スポンサードリンク
スポンサードリンク

全国対応の羽根布団クリーニング

最近のクリーニング店では、近隣のクリーニング依頼の受注のみならず、電話やFAX、インターネット対応で全国宅配サービスを展開しているところも少なくありません。普通の店舗同様、決まった定休日がありますが、それ以外は臨機応変に対応してくれるお店が多いようです。他に、お盆や年末・年始などの不定休み、クリーニング受付の営業時間の関係もありますので、電話対応の時間帯は限られますが、FAXやメールでのご注文やお問い合わせは、24時間受け付けてくれているところがほとんどです。羽根布団のクリーニングに合わせて、リフォームを実施してくれるお店もあります。ここ数年、羽根布団クリーニングやリフォームなどでお預かりしたものに限り、1年間無料にて保管してくれるサービスも誕生しています。決まった時期にしか使わない来客用の羽根布団、引越し前のわずかな期間だけ保管して引越し先にお届けする事や、自宅の改築時に利用することも出来ますので問いあわせを行ってみましょう。

スポンサードリンク

羽毛布団クリーニングの必要性

一日の疲れをしっかりと取り、翌朝、気持ちよく目覚めるためには、心地よい睡眠が大切になります。羽根布団は毎日使用しているものなのに、衣類などと違い、洗濯する習慣がないのが一般的です。人間は、一晩に約コップ1杯分の汗をかくと言われています。この汗が、羽根布団の中に吸収されてしまう訳ですが、汗の中には、塩分・尿素・タンパク質など汚れのもとになる成分が含まれています。羽根布団を天日干して、叩くだけでは汚れは落ちませんし、ダニやダニの糞や死骸も残ります。そこで羽根布団の丸洗いクリーニングを行うと、羽根布団の中の汗や油脂分・目に見えないダニなどを洗い流すことができるのです。

羽毛布団クリーニングの問題点

羽毛布団をクリーニングする際の問題点として、通常の水洗いでは伸縮、型崩れの危険性が高い、通常の水洗いでは乾燥に時間がかかるので、料金が割り増しになるなどの事柄が挙げられます。現在では洗濯機の容量や性能もあがり、家庭でなんでも洗濯できると思われがちですが、羽根布団を通常の水洗いで行ってしまうと、中に入っている羽の収縮を起こしてしまい、乾いても元通りのふんわり感が出ないなど、使用困難な状況に陥りがちです。いやなにおいがなく、肌に優しく、汗や皮脂をしっかりと取り、気持ちのよい睡眠を確保するためには、羽毛布団をクリーニングする際の問題点をクリアーすることが必要となります。その手間を考えると、羽根布団のクリーニングは専門の業者に委託したほうが、安心であり、安全ですよね。

羽毛布団 クリーニング