スポンサードリンク
スポンサードリンク

イギリスで有給インターンシップを取得するための条件

イギリスで有給のインターンシップを受ける場合、専用のビザを取得しなければなりません。イギリスで有給のインターンシップを受けるために必要なビザの条件は、イギリスでトレーニングを受け、資格取得をめざす大卒資格のある人。ビザの申請は、雇用主が行う。日本の企業の新卒雇用者で、イギリス内の子会社や支店で適切なトレーニングを実施する場合。18歳から54歳まで。就労時間は週30時間を限度とする。通常の労働許可証への切替は不可能。最低2年はイギリス外で過ごすことが必要。研修生として定められた賃金が支払われる。などです。これらの条件を満たせば、イギリスでの有給インターンシップに必要なビザは、簡単に取得できます。イギリスでのインターンシップは、無給インターンは学校の既存コースの一環として、学生ビザ申請になります。イギリスで無給インターンシップを受ける場合、観光ビザでも問題はありませんが、学生ビザ切替の時に費用がかかりますから、最初から学生ビザを取得しておくほうが無難です。

スポンサードリンク

イギリスでインターンシップを経験する

最近、海外でインターンシップを経験したいと思っている人が増えてきました。特に、イギリスやアメリカでインターンシップを経験したいと思っている人がたくさんいます。そもそも、インターンシップとはどのようなものなのでしょうか。インターンシップとは、現地で仕事をすることが主な目的で、海外の企業で働くことです。また、インターンシップとは、大きく分けて、体験を主な目的とする無給のインターンシップと、就労を主な目的とする有給インターンシップがあります。イギリスの場合、インターンシップといえば、一般的に学生や社会人が、自身のキャリアやスキルアップのために、一般企業などで無給で職業体験をすることを指します。

イギリスでインターンシップをするためのビザ

イギリスでは、インターンシップとは一般的に、無給で企業研修を受けることを指します。この場合は、学生ビザで問題はありませんが、有給のインターンシップを受ける場合は、ビザの申請は派遣企業先がしなければなりません。イギリスでは、有給のインターンシップのビザは、2種類の分けることができます。イギリスで有給インターンシップを受ける場合、職業研修用と体験就職用に分けることができ、職業研修用は2〜3年、体験就職用は1年の労働許可を取得することができます。ビザの期間終了後は、直ちにイギリスから出国しなければなりません。イギリスでインターンシップを延長したい場合は、例外的に認められています。イギリスで、これらのビザを取得することは、条件さえ満たしていれば比較的簡単に取得できます。

イギリス インターンシップ