スポンサードリンク
スポンサードリンク

豊島園の割引券を探す

「そうだ、今度の週末は豊島園に行こう。」となったらまず何を調べますか?行く相手や人数によっても異なるでしょうけど集合場所、時間、行くまでの交通手段、そしてさいごには「豊島園の割引券」を探して浮いたお金は昼食に。子供連れの行楽からカップルのデートまで、アトラクションも豊富でプールもある豊島園は年代を問わず人気の崩落スポットです。従って利用者も多くネットオークションや様々なウェブサイト上で豊島園の割引券を入手することが出来ます。何事も事前の計画と準備さえあればお得な事がたくさんあり、行動にも余裕が出来るし無駄な動きが防げると良い事ばかりです。どこかの金融会社ではありませんが正に「ご利用は計画的に」ですね。近隣の住民にとっては春は桜の名所、夏はプールの他に近隣の企業や学校などのイベントの際にはグラウンドを貸し出したりと、地域密着型の公園という点も人気が衰えない秘密なのでしょう。

スポンサードリンク

豊島園のプール割引券

豊島園の割引券はアトラクションだけでなく様々な種類がるようです。豊島園には7つのプールがあり夏には家族連れで賑わいますが、この豊島園のプールには世界初のプールがあります。今では全国何処でもあり珍しくありませんが、プールなのに川みたいに水流が体験出来るいわゆる「流れるプール」を世界で始めて導入したのは、この豊島園なのです。また豊島園のプールで特に人気があるのがハイドロポリスと呼ばれるエリアにあるウォータースライダーです。A・B・C三つのタワーから趣向を凝らしたスライダーが設置されており、体だけで滑るものや専用の浮き輪を使って滑るもの、高さとスピードといったスリルを味わうものと、丸一日豊島園のプールだけの利用でも十分楽しめる広さと遊びのバリエーションがあります。因みに大人は3,900円、楽しめるだけあってちょっと高め、やはり事前に割引券をゲットしておいた方がより楽しめる方法といえます。

豊島園の彩の庭園「庭の湯」

しっかり遊んだ後はゆったり疲れを取りましょう。豊島園の中にある庭の湯ではプール同様実に様々な入浴が体験できます。体を洗う為の入浴もあれば珍しい体験をするための入浴(と言えるのか?)、疲れを取る為の癒しの空間など、これも大人から子供まで時間を忘れて楽しむことが出来ます。因みに一般料金は大人2,250円。家族4人でプールの跡は入浴だ。なんてな事になると結構な出費になりますから、やはりここでも、Yahoo(ヤフー)や楽天、MSNなどといったネットオークションや豊島園のホームページなどを事前にチェックして、割引券を入手してから行けばお母さんもニッコリです。周辺地域のオアシス的な存在の豊島園は様々な魅力的な施設があり、年齢を問わず楽しめる要素がたっぷりありますので、割引券でもクーポン券でも利用して一度みんなでその楽しさを体験してみましょう。

豊島園 割引券