スポンサードリンク
スポンサードリンク

似合うサングラスの選び方

目の健康を考え機能性を目的とするか、ファッション性を重視するかなど、悩みどころですね。例えば、目の保護を考えて作られている、偏光レンズという特殊レンズを採用しているサングラスがあります。光の反射や屈折、散乱を抑えるので、アスファルトの照り返しなどで歩道と車道の白線が見えにくいなどの問題を軽減し、視界が良くなります。交通量の多い道を歩く、自転車や自動車の運転をする際に役立つでしょう。また視界の良好なサングラスとしてスポーツにも反映することができ、イチロー選手が愛用しているオークリーなどが有名ですね。ファッションにおいてのサングラスとして選び方を考えてみると、レンズの良し悪しよりもフレームデザインを重視することでしょう。原色、パステル、多彩なデザイン。フレームの形にも多種多様ですね。ショップでオーダーメイドすれば個性としてファッションスタイルを確立できそうです。有名ブランドから販売されているサングラスは、機能性、ファッション性ともに優れているものが多いので候補のひとつとして検討してみるのもよいでしょう。予算との相談もあるかもしれませんが、本当に欲しい満足のいくサングラス選び方を考えることができれば最もいいですね。

スポンサードリンク

サングラスと目の健康

サングラスの役割はもともと目を守ることからはじまりました。近年のオゾン層の破壊による紫外線の増大で、眼球、視力への害がメディアに取り上げられる機会が増えましたが、この紫外線から目を保護することも、サングラスの大切な役割のひとつです。さらに太陽光の反射や逆光を防ぐために、風などから目を守る役割もあります。通常生活以外でもその役割は大きく、スポーツ選手が多用している目的はそこにあるでしょう。夏においてはとりわけサングラスの重要性も増してきます。サングラスを購入するときは、選び方の一般的な目安を覚えておいたほうがよいでしょう。そしてサングラスのもうひとつの役割は、物理的保護要素の目的だけではなくファッション要素や個性の象徴、インテリアなど。外観要素としてもサングラスは、もはやなくてはならないアイテムになりました。

選び方の注意点

サングラスの選び方では注意したい点がいくつかあります。眼鏡と同様、レンズを通して物を見ることになるサングラスでは、レンズが歪んでいたりすると、使用し続けているうちにめまいのような頭がくらくらする症状が現れたり、遠近感がつかみ難い感覚に襲われたりします。また、目の周辺は様々な神経が集まっており、脳幹ともつながっているので、視力の低下を招いたりと身体に非常に悪影響を及ぼす可能性があります。サングラスはまぶしい所でも見やすくする機能性を備えていますが、いまやファッションとしても着用されるものでもあり、とても身近なものです。なにか違和感などを感じた場合はすぐに着用をやめて、専門医にみてもらいましょう。

サングラス 選び方