スポンサードリンク
スポンサードリンク

おしゃれな洗濯かごを選ぶ

毎日の洗濯物を洗面所に置いたり、庭やベランダへ洗濯物を運ぶ際に使用する洗濯かごには、様々な種類があります。それぞれの家の作り、洗面所の作りによって、収納スペースにバラつきがでますので、洗濯かごを選ぶ時には、まず設置スペースの大きさを測っておきましょう。また、洗濯かごの大きさは、一人暮らしであればあまり考える必要はないかもしれませんが、大家族の場合にはそれなりの目安があります。家族全員の1日の洗濯物の量を、2回に分けて運べるか運べないかくらいの容積がちょうどいいようです。これは洗濯後に水気を含んだ洗濯物を運ぶ時、たくさんの量になると女性一人では運びきれないことから、逆に非効率になってしまうためです。そして毎日つかうものですから、なるべくならばお洒落なものを使いたいところですね。通販サイトをのぞいてみると、機能性に優れていて見た目もおしゃれな洗濯かごがたくさん見つかります。

スポンサードリンク

洗濯かごとランドリーバスケット

現代では洗濯かごをランドリーバスケットと呼ぶことが多いようです。どちらの呼び名でも洗濯かごとしての機能に変わりはありませんが、プラスチック素材、ナイロン素材で、色も原色やパステルカラー、キャラクターを使用している物はランジェリーバスケットと呼び名もおしゃれです。逆に、和風素材、例えば竹、メゴ笹の洗濯かごだったり、桶型をしていたり、シンプルな色使いで昔風な物は洗濯かごと呼んでいます。これは日本人のイメージ的な部分が強いのでしょう。しかし、この和風素材の中でメゴ笹の洗濯かごというものが存在し、とても貴重なものなのです。昔からの日本文化で竹皮ぞうりという履物があり、その一般的な道具である竹皮を洗濯かごに応用し使用していました。現在では作成する職人が少なく、幻のカゴとまでいわれているのですが、その丈夫さや素材のシンプルさ、竹一本、一本のなめらかさに徐々に注目が集まり、買い求める人が多くなってきているのだそうです。

洗濯用品を通販で購入する

市街にはデパートが立ち並び、ちょっと郊外に出ればインテリア雑貨を多数揃えている大型ショップがどこにでもあるような時代になりました。ところが、デパートや大型ショップでは店の方針で仕入れるデザインや、決まった取引先からの製品を置いていることがほとんどです。これでは気に入った洗濯用品や洗濯かごを見つけられそうもありません。そこで、通信販売を活用してみましょう。激安雑貨ショップから、バーゲンセールもあり、気に入ったデザインの洗濯かごを選ぶことができます。時間と交通費をかけて探し回る必要もなく、ショップのサイトをパソコンに並べてみると、容易に価格の比較も行えます。大手通販メーカーのニッセン、個人から中小企業までが集う楽天市場には、多彩な洗濯かごがいっぱい。ぜひとも活用してみましょう。

洗濯かご