スポンサードリンク
スポンサードリンク

じゅうたんのクリーニングの料金

高価なじゅうたんを使っている場合、家庭で洗濯はできませんから、クリーニング業者に洗濯してもらいます。じゅうたんは、そのグレードや、大きさによって料金の違ってきます。じゅうたんのクリーニングの料金は、業者によっても差がありますので、インターネットなどで、各クリーニング店のサイトに掲載されている料金表を比べて選んでみてはいかがでしょうか。クリーニングで有名な白洋舎の場合、ウィルトン系じゅうたんは、1u当たり、持込なら830円から、集配サービスを使うと893円から、1畳あたり持込は1,365円、集配サービスなら1,470円からになります。中国だんつうやペルシャじゅうたんの場合は、もう少し高額になってきます。また、じゅうたんのクリーニング専門の業者では、同じペルシャじゅうたんでもそのグレードによって細かく分けている業者もあります。じゅうたん専門のクリーニング業者の料金は少し高いこともありますが、実績と信頼は高く、高価なじゅうたんの場合は、専門のクリーニング店に任すほうが安心です。

スポンサードリンク

じゅうたんのクリーニングの方法

じゅうたんやカーペットは、毎日使うものですし、人が行き来をしますから、ほこりや汚れの付きやすいものです。じゅうたんも綺麗に洗って、清潔なお部屋に保ちたいものです。それでは、じゅうたんを洗うためには、クリーニングに出さなければならないのでしょうか。最近では、家庭で洗うことができるじゅうたんも増えてきました。じゅうたんの取り扱い表示に、洗濯機OK、洗濯機マーク、手洗いマークが付いていれば、クリーニングに出さなくても家庭で洗うことができます。じゅうたんの取り扱い表示に、水洗い不可やドライマークが付いているものは、クリーニングに出して洗ってもらわなければなりません。

プロのじゅうたんのクリーニングの技術

家庭でじゅうたんのクリーニングができない場合、プロのクリーニング店に依頼して綺麗にしてもらいます。それでは、私たちが家庭でじゅうたんを洗う方法とプロの技術ではどのように違うのでしょうか。まず、プロのじゅうたんクリーニングはたたいてちりやゴミを取り除き、自動洗浄器で、奥の汚れまで洗い、洗剤分が残らないように十分に洗浄して、ゴミやダニを取り除きます。それから、高温の熱風で乾燥するため、ダニの幼虫や卵、雑菌まで退治します。また、光触媒加工をしてくれる業者もあります。この光触媒加工をすると、抗菌・UV・脱臭効果があり、ダニやカビを防いでくれます。また、最近のじゅうたんのクリーニングには、天然物質の洗剤を使っている業者が多く、ご家族にアトピー性皮膚炎の方や赤ちゃんがいても、とても安心です。

じゅうたん クリーニング