スポンサードリンク
スポンサードリンク

富士急ハイランドの割引券

富士急ハイランドは公式HP上に、利用人数などを記入後にプリントアウトして利用する「ネットクーポン」を用意しています。この割引券を利用すると大人料金で、フリーパスで400円、入園券のみだと200円お得です。スチューデントフリーパスの大学生料金では、1人につき900円も割引されます。また、同様の割引を受けられる、モバイルクーポンもあります。こちらは画面提示で5名まで割引してもらえます。また、JTBではコンビニで購入できる割引チケットを用意しています。期間限定や枚数限定の特典付きパスが容易されているときもあるので、出かける前に要チェックです。そのほかにも、往復バスや鉄道乗車券とフリーパスがセットでになってお得な「富士急ハイランドセット券」や、周辺の宿泊施設で配っている割引券などがあります。

スポンサードリンク

富士急ハイランドはバス乗車券とセットがお得

日帰りで富士急ハイランドを楽しむつもりなら、往復バスのチケットとフリーパスがセットになった「富士急ハイランドセット券」の利用が断然お得です。例えば、新宿発の「Q-pack」は、おとな7,100円。新宿から有料特急を利用せずに、電車で富士急ハイランドまで行ったとすると、片道2,330円、往復で4,660円。園のチケット売り場でフリーパスを購入すると4,800円なので、往復の旅費と合計すると9,460円。「富士急ハイランドセット券」のほうが2,360円もお得です。もちろん高速バスですから乗り換えもなし。時刻表とにらめっこする面倒もありません。「Q-pack」はバス車内やコンビニ等での販売はなく、新宿高速バスターミナル、もしくは京王観光、JTB、近畿日本ツーリストの各旅行会社で取り扱っています。

富士急ハイランド・オフィシャルホテルのお得なプラン

富士急ハイランドが公認する、唯一のオフィシャルホテル「ハイランドリゾート ホテル&スパ」では、富士急ハイランドのフリーパスつきのプランを用意しています。バリュープライスの「カジュアルプラン」では富士急ハイランドのフリーパス1日券付きで、開園時間前に優先入園して、一般のお客さんよりも先に人気アトラクションに並べる、オフィシャルホテルならではの特典もあります。そして、部屋と食事をグレードアップさせた「デラックスプラン」には「絶叫優先券」というユニークな特典が・・・。これは「ええじゃないか」「フジヤマ」「ドドンパ」「戦慄迷宮」のいずれかに、一般のお客さんに先駆けて乗車が可能になるというものです。「デラックスプラン」はフリーパス2日券付きで、もちろん優先入園も可能。カジュアルプランは1泊朝食付きでひとり15,000円〜。デラックスプランは1泊朝食付きでひとり17,000円〜。

富士急ハイランド 割引券