スポンサードリンク
スポンサードリンク

キャンピングカー用品のシンク

キャンピングカーは、一般的に寝泊りできる設備を備えた車のことを言いますが、キャラバン、ハイエース、デリカなど、普通に乗っていた車を改造して、キャンピングカーにする人も多くいます。キャンピングカーは特殊用途車両に分類されるので、8ナンバーとなりますが、この登録をするには、ベッドの他にコンロとシンク、給水と排水のタンクが必須になるなど、細かな規制があります。8ナンバーを取得すると、車検などの際にかかる自動車重量税が優遇されるので、取得を目指す人が多いようです。さて、ベッドやコンロはなんとなくイメージがつきますが、キャンピングカーのシンクとはどういったものなのでしょうか? キャンピングカーで使用されるシンクは、ワンルームのアパートなどでよく見られる、小型で長方形のもの。ステンレスやホーローなどでできています。商品の中には水切りスペースまでついた、使い勝手の良さそうなものまであります。ボートにも同じ型のものを設置することから、ボート用品のお店などでも購入することができます。

スポンサードリンク

キャンピングカー用品の販売

キャンピングカーでキャンプに行くには、さまざまな用品が必要ですが、どこで購入すればよいのでしょうか? まず、便利なのはキャンピングカー用品の専門通販サイトです。キャンピングカーと福祉車両を専門に扱う、「東和モータース販売」のサイトではインテリアからメンテナンス部品、電装関係部品など、さまざまなキャンピングカー用品を取り揃えています。アウトレットや中古部品の取り扱いもしています。次にキャンプ用品専門店に行ってみるのも手でしょう。また、ホームセンターでも手ごろな価格で購入することが可能です。大型のキャンプ用品は専門店とホームセンターで価格の差はあまりありませんが、小物類の価格差は比較的大きくなっています。その他では100円均一のお店などにも、十分利用可能なキャンプ用品が多くあります。

ひそかなブーム「軽キャンピングカー」

一般的にキャンピングカーはかなりの大型車だと思われていますが、いまアウトドア愛好家の間でひそかなブームとなっているのは、軽自動車のキャンピングカー「軽キャンピングカー」です。まずなんといっても価格の安さが魅力です。大型のキャンピングカーは、アメリカ製など外国製のものが多く、価格も500万円程度と高級車なみに高価ですが、軽キャンピングカーは200万円前後とがんばれば手が届く範囲の価格です。2番目に、ガソリン、駐車場、車検、税金、保険料などが大型車よりも抑えられる、維持費の安さが挙げられます。また、小回りが利きやすく走行性能も高く、自宅のガレージも小スペースで済みますし、コンビニなどの駐車場にも駐車可能です。

キャンピングカー 用品