スポンサードリンク
スポンサードリンク

文化祭とポスター

中学校、高校、大学や、学習発表会、研究発表会など、文化祭などの告知にはポスターが重要な役割をになっています。しかし、いざ作成するとなると枚数も多く、表現方法によっては文化祭を大きくアピールするポスターの意味そのものを失ってしまう恐れがあります。テーマに沿ってデータや構想は出来てるんだけど、どうしたらいいのか分からない、紙だと雨にぬれたり、破れたりシワになってしまう。写真もきれいにプリントしたいなど、文化祭のアピールポイントになるポスターにはいろいろな要望や願いが詰まっています。近所の人や家族に文化祭への思いアピールするためのポスターは、コストを安く抑えつつ、いかにわかりやすく告知することができるかが作成のポイントになるのです。

スポンサードリンク

文化祭ポスターの作成

せっかくの文化祭ですから、個性あるデザインでアピールし、楽しく集客を促したいものです。ポスターを貼るのが楽、シワも目立たない、大判でプリントも綺麗だから会場でも目立つというようなポスターを製作するにはどうしたら良いのでしょう。悩んだ時は、業者に依頼してみるのもまたいいかもしれません。文化祭という特質な条件上、運営企画から作成にいたるまで、自分たちの手で作り上げたいと思いますし、デザインは美術部が担当するという文化祭もあるでしょう。それはそれで、文化祭のモチベーションをあげることにも繋がりますからいいことです。しかし、どうしても人手が足りない、ポスターを作製している時間がない場合、思い切ってみてもよいのではないでしょうか。ポスターの制作会社なら貼り付けが楽でシワが目立たず大判でプリントも綺麗という、好条件のポスターが望めるでしょう。

ポスターを依頼するには

文化祭のポスターを依頼する場合、デザインは学校側で、印刷は業者方式という形を利用するところが最も多いのではないでしょうか。多くの枚数を印刷し、配布する学校では、印刷を学校でやることはあまり現実的ではありません。ポスターのデザインを公募したり、文化委員会や美術部などで制作し、それをもとに業者に印刷してもらうのが一般的ですね。予算が少ない場合は、業者選定も大切な作業です。生徒会には、たいていお世話になっている印刷業者がつきものですが、ときどき見直すことも必要です。他の学校やサークルからも情報を仕入れつつ、安くて良い仕事をしてくれる業者を探すようにしましょう。ポスターに関しては、卒業アルバムの会社も請け負ってくれる場合が多いので、学校に出入りしているアルバム業者にも声をかけて見積もりを取りましょう。サイズによっては、印刷業者よりも安く引き受けてくれることがあります。

文化祭 ポスター