スポンサードリンク
スポンサードリンク

子供オーディションの情報

メディアの発達した現在、一般民から子役やキッズモデル、赤ちゃんモデル、読者モデルを募集し、オーディションを開催する企業が増えました。特に子役に注目が集まっており、子役オーディションの情報が掲載されている、ママさん向けの書籍、ティーンズ雑誌、ファッション誌など、情報として載せていない雑誌がないくらいの人気と反響があるようです。子供オーディション情報を書籍や雑誌に載せただけで、売り上げ部数が伸びるとさえ言われています。インターネットなどでもオーディション情報や子役募集の情報があるのですが、不特定多数の人間が情報を公開できるメディアのため、よほど、身元のしっかりしているモデル事務所やタレント事務所から配信された子供オーディション情報でない限り、信憑性が低く見られてしまいます。ところが、紙によるメディアの場合は、印刷、発行までの手間があること、発行元に対して広告主などの大手スポンサーが付いているため、信憑性が高まり、オーディション情報を載せると反響が大きくなるのだそうです。

スポンサードリンク

オーディションを受ける

子供の第一関門ともいえるのがオーディション。このオーディションに通らないことには、子役への道は始まりません。オーディションと一言でいっても、受かればメジャーデビューとか、即大手番組の子役やモデルと内容が決まっているようなオーディションもあれば、モデル事務所が所属モデルを選定するためのオーディション、雑誌モデルのオーディションなどいろいろな種類が存在します。子役のオーディションに限らず、どのオーディションを受けるにしても、まずは書類選考があります。そして、それをクリアした子供が2次審査として面接やカメラテストを受けていくことになるのです。

オーディションへの心構え

オーディションの提出書類には、顔と上半身あるいは全身の写真がある場合がほとんどです。書類選考をクリアして面接に行く際には、子供の髪も服装もシンプルにしていくのがいいでしょう。オーディションの主催元である事務所が信頼できる所であれば、完成された子供よりも、今後のいろんな可能性を含んでいる子役を発掘するためにオーディションを開催しているはずです。子供自身が持つ素材の可能性が、存分に伝わるように、親が出すぎた真似をせず、あくまでもサポートしてあげることを心がけるのが重要になってきます。

子供 オーディション